初めての性病「淋病」という名の悪夢

30歳社会人、男性です。私は過去に性病の一種である「淋病」感染の経験をしたことがあります。

淋病とは、淋菌が原因で性器や、腸、喉、眼などに発症する性感染症です。

淋病の症状(男性の場合)ですが、この感染症は尿道に感染することが多く、おしっこの際に尿道に激痛を感じ、膿がでるといった症状があります。

私の場合は性器に症状がでました。

当時付き合っていた彼女との性行為により感染したものです。

まさか自分がそんな病気になろうとは思ってもみませんでした。

ある晩、まだ付き合って間もない彼女と初めての性行為をしました。

それまでは全く過去の性病歴等聞いたこともなく(普通はこちらからもあまり聞かないものだとは思いますが)その様な事は一切気にしたことがありませんでした。

その日から一週間程経過した頃、性器がむず痒くなるようになりました。

何だろうと不思議に思っていましたがたまたま痒くなるだけだろうと特に気に止めてはいませんでした。

しかし、そこから2、3日経った頃、トイレに行くと性器のまわりに白いカスの様なものが大量に付着し、おまけに白い膿が尿道からでてくる様になりました。

人には相談できず、どうしたら良いかもわからないまま、とりあえずネットで何科にかかれば良いのかを調べ、ひっそりととある町の小さな泌尿器科にかかりました。

初めての泌尿器科、待合室の何とも言えない不穏な空気が耐えられずうつむいて携帯ばかりを見たり寝たりしたことをよく覚えています。

看護師さんに呼ばれ、緊張しながら病室に入りました。

先生に症状を伝えると、とりあえず検査をしましょうとなりました。

検査内容は、相当過酷なもので、尿道に綿棒を刺して綿棒に付着した細菌を検査するというものでした。

本当に辛かったです、今でもあの痛みと屈辱は忘れません。

ベッドに横になり、年齢のいった看護師さんにズボンとパンツを下ろされ、男の先生に尿道を綿棒でこねくりまわされるわけですから。

そして、結果がわかり、聞くとやはり淋病でした。

彼女さんも感染してる恐れがあるから聞いてみてなんなら病院にかからせなさいと薬を貰い、彼女に即刻連絡をしました。

すると、実は私と付き合う前に淋病にかかっていたのですが、治ったばかりということでした。

淋病は、完治してもしばらくは微量の細菌が体に残り、再発する恐れもあるそうです。

それがきっと私に感染したのでしょう。

しばらくは薬を服用し、経過を見ていましたが一向に直る気配はありません。

様子のおかしい息子を心配したのか父親が悩みがあるなら話せと言うものですから、素直に打ち明けたところ酷く叱られました。

しばらくは風呂は銭湯に行ってくれとまで言われ(それもさすがにモラルに欠ける発言ですが)全てが無茶苦茶になった気がしました。

病院を変えることにしました。

地元では有名な病院です。

ここでの検査は尿検査のみで済み、薬の処方で一発で治りました。

初めからここに通えば良かったと後悔しました。

それ以来一切症状もでず、付き合った彼女にはそれとなく会話の中で過去に歴があるかを聞いてみたりもしてみています。

おかしいと思ったら病院へ行くのがベスト

以前にクラミジアに感染したことがあります。感染は当時付き合っていた彼からでした。

私たちの付き合いは、2年間におよび、その間クラミジアになったことはなかったのですが、ある時急にかゆみが出るようになったのです。

でもその時は夏場。蒸れたのかな?と思いながら、かゆみの他の症状がなかったので、自宅で様子を見ていたのです。

しかし次第にオリモノが少しずつ変化してきたのです。

いつもより黄色くて、臭いもきつい感じ。そのためおかしいなと思って友人に話してみたのです。

友人は看護師で症状を聞くとクラミジアでは?と言われたのですね。

それから私はやっと病院にいく決心をしたのです。

病院は産婦人科を受診しました。

妊婦に囲まれながらの受診はちょっと勇気がいりましたが、検査のためには仕方がありません。

初診の時には、問診と診察、そして内診で膣の分泌物を取りました。

初診はそれで終了し、数日後検査の結果でクラミジアが確定しました。

それから内服をすることになりました。

内服はクラリシッドという薬を一週間。症状がなくなっても途中でやめることなく飲むように注意をされました。

また医師からは次の受診の時には、彼を一緒に連れてきた方がいいと言われました。

一人で治療をしても仕方がないということ。

そのために彼にどのように告白しようか迷いましたが、わたしには彼からうつされた以外の可能性が全くないため、勇気を振り絞って言いました。

彼は納得をしていないようでしたが、心当たりもない様子。

でも今更浮気を攻めたって仕方がありません。

また彼の性格なら認めないと思い、深く追求はできませんでした。

彼に一緒に行ってほしかったのですが、彼は産婦人科に行くことは拒否します。

病院の先生から言われたのは、泌尿器でもいいということ。

そのため彼には泌尿器科にいってもらうことにしました。

私はと言うと、内服後にもう一度受診をしました。

その時の検査でまだ菌が残っているので、内服を続けた方がいいと更に1週間余分に飲むことになりました。

その時には、もう症状はありませんでした。

再内服をして再々検査をしてクラミジアの陰性が確認できて治療が終わりました。

私はクラミジアというとよく聞く性病の名前だと思っていましたが、まさか私が感染するとは思っても見ませんでした。

またクラミジアは将来的に不妊症になる可能性もあると説明を受け、とても怖くなりました。

そのために治療をしっかりしようと思ったのです。

結局、症状は綺麗に消え、検査でも陰性が確認されたので、本当によかったです。

彼も泌尿器で治療し、クラミジアが陰性になることが出来ました。